「時の蘇生・柿の木プロジェクト」は、
平和と命の大切さを学ぶアートプロジェクトです。

1945年、長崎で被爆しながらも奇跡的に生き残った一本の柿の木。
その母木から生まれた「被爆柿の木2世」の苗木を
世界中の子どもたちに手渡し、
柿の木をテーマにしたアート表現をしながら育ててもらうものです。
アートには他者の痛みを想像する力、
新しい世界を創造する力が宿っています。
それは国や宗教、人種や言葉さえも乗り越え共感を与えるもの。
私たちはこの活動を、20年にわたって世界中で続け、
参加してくれたのべ3万人の子どもたちの心の中に
アートの種、平和の種を蒔いているのです。