アッツァーノ・メッラ総合学校(イタリア・ブレーシア)

この学校では2016年に植樹を行ったのですが、苗木が弱ってしまったため再植樹を行いました。
学校内には戦争や平和をテーマに作られた作品がたくさん展示してあり、代表生徒15名ほどが作品のプレゼンテーションを行いました。
植樹場所は学校から少し離れたところにある公園でした。公園まではマーチングバンドに続いて子どもたちとその保護者が歩きパレードのようでした。公園の中心には柿の木のための立派な囲いと看板が設えられていました。
植樹式には3つの市の市長、子ども市長が3人ずつ参加し、町をあげての大イベントとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでの活動