カテゴリー: これまでのプロジェクト

3

収穫祭 谷中防災コミュニティセンター(東京)

11月8日木曜日、東京都台東区谷中防災コミュニティセンターにて20周年を迎えた柿の木の収穫祭が行われました。谷中コミュニティ委員会こども未来部、谷中児童館の呼びかけで幼児から小学6年生、そして保護者の方たち約26名が参加して、干し柿作りとワークショップを楽しみました。     谷中の柿の木は1998年に植樹され、2008年に移植、さらに2014年にもう1本再植樹と長い間、地域に見守られてきました。今年の酷暑や台風で1本の木は実が落ちてしまいましたが、残る1本には大きな柿の実が沢山実りました。子どもたちは枝を紐に掛けられるように剪定し、大人の手によって皮が綺麗に剥かれ、80個近い柿の実が児童館の軒下に吊るされました。     ワークショップでは児童館の先生が紙芝居「かきのきおやこ」を上演し、子どもたちに被爆柿の木二世の物語を分かりやすく披露しました。また、柿の木プロジェクト実行委員からは、春にイタリア、ロンバルディア州ブレーシア県の植樹地の方々が谷中を訪問したことを子どもたちにお知らせしました。ブレーシアの子ども達が描いた原爆のきのこ雲が平和な木に変身した塗り絵などを紹介し、柿の木のきょうだいが世界に広がっていることを伝えました。そして、来年もまた実がなるようにとの願いを込めて、柿の実の折り紙を沢山作りました。     子どもたちは干し柿作りや折り紙にとても意欲的で、パワー溢れる時間でした。子どもたちだけでなく、参加した保護者の間でも被爆柿の木についての話が聞こえ、次の世代に受け継がれていく収穫祭になりました。干し柿はお正月頃に食べ頃を迎えます。  

P1020289

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018 WSレポート

2018年8月5日、「大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ」の開催に合わせて、柿の木プロジェクトのワークショップを開催しました。 2000年の第1回大地の芸術祭にてプロジェクトの活動を紹介する展示を行った十日町市太平では、2001年に集落開発センター隣の広場に柿の木を植樹。その後は毎年冬に雪囲いをしてもらい、大きく成長しています。2015年に「長太」と「ノコル」と名付けられた2本の木は、連日の猛暑にも関わらず、青い実をつけて元気に私たちを迎えてくれました。 今回はファシリテーターに「あそびとくらし●▲■」さんと前回に引き続きアーティストの浅野みささんを迎え、パエリアワークショップと柿の木を応援するフラッグ作りを行いました。 当日は参加者が太平集落センターに集まり、「あそびとくらし●▲■」の渡邉裕樹さんから柿の木プロジェクトについて自分の経験と結びつけたお話をしていただきワークショップは始まりました。パエリアは50食作れるパエリアパンを2つ用意して100食を参加者と作りました。二つのチームに別れて、子どもから大人まで協力して材料をカットし、それを炒めました。野菜の大きさ、火加減などそれぞれにパエリアの表情があり、参加者のテンションも最高潮。     出来上がりを待つワクワクとした気分漂う中、同時進行でフラッグ作りを行いました。柿の木の下に並べられたフラッグには色とりどり、三者三様の思いが描き加えられました。最後は待望のパエリアオープン。夏野菜に彩られたパエリアは周囲の田んぼの緑に囲まれた会場で美味しく完食されました。   今回、2000年の展示に関わっていただいた高校生が手伝いに駆けつけてくれたり、当時植樹に参加した集落の方々が足を運んでくれたり、さらに野菜を差し入れてくれた近所の方、おばあちゃんグループなども参加されて太平らしい雰囲気が充満したワークショップとなりました。この集落の土と水と空気で育った米や野菜を通じて、柿の木が感じる「美味しい」をいただきました。 共催:十日町市による来訪者へのおもてなし・千客万来事業「松代おやっこ村のおもてなし」   —当日の参加者のお二人よりコメントをいただきました— ワークショップ当日は、100人の参加者が集まるかどうか心配しましたが、事前にチラシで周知したこともあって大変盛会となりました。特に地元食材を使った巨大パエリア100人分のおもてなしが柿の木の下でできたこと、18年前に参加した若者たちが立派な大人になって参加していたことなどが柿の木の生長と重なり、「関係づくりのアート」を実感したような気がしました。(富澤恵子さん)   このプロジェクトに関わるのは18年ぶりの事。高校生の時、ボランティアスタッフとして参加しました。毎日、展示場に来られる方々とお話をして、沢山の出会いがあり、とても充実感のある夏でした。あれから18年。久しぶりにこのプロジェクトに当時の仲間と関わることができました。楽しくみんなでパエリアやフラッグ作りをして、植樹された柿の木も立派に大きくなっていて、とても懐かしい気持ちになり、人とのつながりの大切さを改めて感じました。(川﨑美夏さん)  

wsチラシ表

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018

新潟県で行われる芸術祭「大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2018」にてワークショップを行います。 旅するパエリアを主催する「あそびとくらし○△□(まるさんかくしかく)」をファシリテーターに迎え、十日町のおいしい食材を使ったパエリアをみんなで作って語り合いましょう。また、2015年にアーティストの浅野みささんと太平のこどもたちによって「長太」と「ノコル」と名づけられた2本の柿の木を励ます旗を作って飾ります。2001年の植樹から17年を経て、大きくなった柿の木の元にぜひお集まりください。 — 「パエリアを作って食べよう!&柿の木を元気にする旗を作ろう!」 日時:8月5日(日)15:00-18:00ごろまで(参加受付14:45-) (15:00-これまでの柿の木プロジェクトのお話) (15:30-パエリアWS、旗作り順次スタート) 参加費:無料 定員:先着100名 会場:新潟県十日町市太平228-1(太平集落開発センターとなりの広場) *ほくほく線まつだい駅より徒歩15分 *駐車場あり 作品番号:D046(松代エリア) 主催:「時の蘇生・柿の木プロジェクト」 共催:大地の芸術祭千客万来事業「松代おやっこ村のおもてなし」 *服装の汚れを気にする方はエプロンをご持参ください。 *幼児、小学生のみの参加はできません。保護者と一緒にご参加ください。 *アレルギーをお持ちの方は事前に(または受付にて)お尋ねください。 — 大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ2018 会期:7月 29日(日)~ 9月17日(月) :51日間 会期中以外でも柿の木は見られます。 →越後妻有アートトリエンナーレ2018公式サイト →植樹式レポート「太平子ども遊園地」(2001)         15時 これまでの柿の木プロジェクトのおはなし 15時半〜パエリアWSスタート、旗作り順次

S.アントニオ小学校 植樹式(イタリア・ピアチャンツァ)

4年生の日本人の生徒が柿の木プロジェクトについて話したところ、クラスメイトが共感し、このプロジェクトを学校全体に紹介することになりました。 柿の木は平和のシンボルとして5年生(小学校最終学年)から1年生へと託される“証人”となります。まず5年生が一年間世話をし、次の1年生に託していきます。 植樹式では、日本の自然、他社と尊敬する心、忍耐強さや粘り強さを中心とした日本の文化などをテーマにした工作作品が展示され、全校生徒だけでなく、地域住民も巻き込んで行われました。 10周年の記念には、成長した卒業生(21歳、16歳)と小学校修了生(11歳)が成長した柿の木の元に集うイベントを開催します。  

100_2548

バズメット農園 植樹式(イタリア・ミラノ)

ミラノ市が所有するバズメット農園内の、園芸療法を目的とした学習農園に植樹されました。この農園の手入れに携わっている利用者は知的、及び運動障害のある16歳から70歳までの人々です。 柿の木は特別に作られた花壇の中心に植えられ、集まった地域の子どもたちや利用者らは順番に少しずつ土をかけていきました。植樹の他には折り紙のワークショップや平和のメッセージを添えた風船を飛ばし柿の木の一回目の「誕生日」を祝いました。    

P1010199

柿の木プロジェクト・ブレーシア来日ツアー2018

イタリア、ロンバルディア州ブレーシア県を中心とした植樹地の方26名が3月30日~4月10日に来日され、長崎には3月30日~4月2日の4日間滞在しました。イタリアの植樹を中心者として進めてくださっているフランチェスコさんご夫妻や、「柿の木の物語」をイタリア語に翻訳してくださったマルタさん、そして多くは小・中・高校の先生でした。 彼らの今回の来日の目的は、自分たちが植樹した被爆柿の木2世のお母さんの木にあうことと、柿の木プロジェクトの実行委員と交流することでした。被爆した親木、被爆柿の木2世が育つ、樹木医海老沼先生の畑、原爆遺構などを見学され、実行委員数名との食事も楽しみました。 植樹地の方たちからは、子どもたちが制作した絵やメッセージなど、たくさんのギフトをいただき、改めて柿の木が繋いでくれたご縁に感謝です。    

マルコ・ポーロ総合学校 チェーザレ・グアスティ小学校 植樹式(イタリア・プラート)

マルコ・ポーロ総合学校は3歳から14歳までの子どもたちが通い、イタリア以外の19か国の国籍を持つ子どもが65%を占める、多様な民族と言語の生徒が集まる学校です。文化や言語が異なる生徒たちが多数在籍する学校において、柿の木が共同・希望・平和の象徴となるとの思いで植樹が実現しました。 柿の木の世話は毎年選ばれたクラスの生徒・教師・保護者からなる「柿の木の友達委員会」によって行われ、10年の間より多くの生徒たちがプロジェクトに関わるようにします。 生徒たちは植樹式の数か月前より柿の木と平和をテーマにした活動を展開し、植樹式には生徒、教師、保護者、プラート市関係各所代表、学校の管理部が参加し、生徒たちは歌、詩の朗読、そしてダンスを披露しました。これによって平和の種をまくために日々具体的な行動をしていく意志を参加者全員に伝えました。また、子どもたちは平和への願いやメッセージをタイムカプセルに入れ、柿の木の近くに埋めました。これは10年後の10周年の式典の際に掘り起こされます。    

0141

A.マンゾーニ小学校 植樹式(イタリア・ヴェネゴーノ・インフィリオーレ)

第一次世界大戦ではこの町でも多くの死者があり、自由と家族、平等と兄弟愛、そして平和への願いが生まれました。その終戦から100年が経ちます。この機会に被爆柿の木2世を植樹し、あのような出来事と第二次世界大戦末に投下された原爆の悲劇を忘れないための証としたいとの想いから、申し込みをしてくださいました。 10年後には植樹に関わった全員を招き、植樹式を回想するとともに、子どもたちが彩色した石を柿の木の周りに並べ、忘れない気持ちを表現し、記憶し続けることを確認します。    

IMG_7726

スクーリ小学校 植樹式(イタリア・ベルガモ)

日本文化の普及に関連した社会貢献活動を行う、「こころ―日本文化協会」の周年記念行事として、病院で過ごしている子どもたちと一緒に柿の木を植えたいと申し込みをしてくださいました。 植樹式に先駆けて、2月26日と28日の二日に渡ってベルガモ市内のスクーリ小学校の6つのクラスで、柿の木プロジェクトの紙芝居を使用しながら平和や、柿の木のお話、また折り紙で柿の実作りを行いました。   3月19日には、音楽高校スアルディの学生たちによる街中での4回にわたるフラッシュモブを実施しました。   3月21日、ベルガモ市議会議長のマルシア•マルケージのイントロダクションと「長崎と柿の木」と題した、ジェーナリスト写真家のピエールジョルジョ•ペスカーリによる講演会の模様。ベルガモ市の講演会会場にて。   3月23日には、ベルガモ市スクーリ小学校での柿の木植樹式が行われました。    

IMG-20180321-WA0024

アルフレード・ションディ図書館 植樹式(イタリア・ミラノ)

記憶の継続、平和文化の普及と推進を目的とした活動を進める、パッサート・プロッシモ・オンルス協会による植樹申し込みにより、町の図書館の庭に柿の木が植えられました。 図書館のボランティア読書グループ、バウーレ・マジコのメンバーによって子どもたちに向けた平和のための読書会が開催されました。読書会の後は子どもたちそれぞれの平和の木に対する考えを表現するアートワークショップを行いました。 木の周りにはそれぞれが持ち寄った野菜や果物の皮を撒き、その上から土をかけていきました。 10周年のお祝いの際には、若者が樹木と平和についての物語を書き、文学コンクールを催す予定です。  

モントーネの記念公園 植樹式(イタリア・ペルージャ)

植樹式の前に、モントーネ市内すべての小中学校では「柿の木の物語」を読み、「平和の種」と題した取り組みが始められています。 各学校では、互いに尊重し合う精神文化を育むための企画、市民権と人権に関する教育プログラム、平和に関するビジョンを表現したアート作品コンクールを継続的に実施します。この企画は農作実験の課程にも取り入れられ、生徒たちは柿の木の世話についても学習しています。 柿の木はタイムカプセルとともに、見晴らしの良い丘の上に子どもたちの手によって植えられました。

カミニョーネ小学校 植樹式(イタリア・パッシラーノ)

昨年3月にパッシラーノ市パデルノ地区で行われた(他の植樹地主催の)平和行進に参加したカミニョーネ地区の教師数名が、複数の学校、周辺地域を含む市民が一体となり平和への深い思いを共有する機会に触れ、今回の植樹の申し込みをしてくださいました。 植樹式までに、子どもたちは平和をテーマにポスターを制作し、それらの作品は展覧会として一般に公開されました。 植樹式には、地域住民や市の職員が招待され、生徒たちが歌やダンスを披露し盛大に開催されました。    

IMG_3244

10周年祭 東松山唐子小学校・唐子中央公園

唐子小学校では、2007年の植樹から毎年、3年生を対象に木谷安憲さんによるワークショップを実施してきました。10周年の記念として、今年はイタリアのF.フェリーニ総合学校(2017年植樹)とのビデオレターの交換や、木谷さん主導で柿の木を飾り付けるためのオーナメント作りを行いました。 12月6日に行われた10周年祭当日は、良い天気に恵まれ、オーナメントで飾り付けられた小学校の「空太」・中央公園の「かき太郎」と名付けられた2ヶ所の柿の木の周りで3年生の子どもたち76名が「ともだち」の合唱を披露しました。        

2017年イタリア・ポルトガル植樹

今年の春は、樹木医の海老沼先生とプロジェクト生みの親・宮島達男が、イタリア・ポルトガル全16個所の植樹の内、9か所の植樹式に参加しました。 植樹式以外にも過去に植樹を行った場所への訪問、平和フォーラム、平和行進、柿の木会議などのイベントも盛りだくさんでした。その一部を写真でご紹介します。 *各植樹式の内容は活動アーカイブよりご覧ください。 3/17 パデルノ小学校訪問(2016年のパデルノ・フランチャコルタの公園植樹に関わった学校)                                 3/23 トレント平和フォーラム (イタリア・トレント) 植樹に参加する子どもたちの保護者を対象に行われ、核の拡散と平和の推進について考える集会が行われました。               3/26 カルペネドロの平和行進(イタリア・カルペネドロ) 子どもたちが旗を持って行進を行った後、パデルノ・フランチャコルタ公園に集まり、歌や楽器の発表、そして柿の木が枯れてしまった植樹地へ再植樹のための苗木贈呈が行われました。                                     3/27 柿の木総会(イタリア・ブレーシア・サンタジュリア博物館)… もっと読む »

DSCN6081

ファイアル植物園 植樹式(ポルトガル・ファイアル島)

2001年にグラスゴー植物園での植樹式に参加してくださったベロニカさんが自分の母国にも柿の木を植えたいと17年もの間想い続けてくださり、今年植樹が実現しました。 受け入れ先のファイアル植物園は、アゾレス諸島固有の植物の保存、研究を行っており、来場者の環境への意識を喚起するような活動を行っています。 植樹式ではバレエをメインにした「柿の木の物語」の創作劇、歌、ダンスが披露されました。柿の木が植樹された近くにはタイムカプセルも埋められました。残念ながら、式典中に雨が降ってしまい、外で行う予定だったイベントもすべて体育館で行われたそうです。                                

DSCN5834

ルメッツァーネの公園 植樹式(イタリア・ルメッツァーネ)

CVL協同組合(障碍者の社会参画を推進する協会)、CAGアルカレグラ(モザイク共同組合の協力のもと運営されている青少年センター)、イル・モンド・イン・カーザ協会の三者による申し込みでした。 まず、近隣の中学校の生徒たちの集会に参加し、そこでは生徒たちによる日本の歌の演奏や、海老沼先生への質問タイムがありました。 植樹式には、中学生、幼稚園児、障碍のある人たちが参加してくれました。歌やリコーダーの演奏を披露した後、それぞれが、持ち寄った土を植樹された柿の木の周りにかけていきました。 山の上の素晴らしい町で行われた植樹式でした。                                                    

これまでの活動