モントーネの記念公園(イタリア・ペルージャ)

植樹式の前に、モントーネ市内すべての小中学校では「柿の木の物語」を読み、「平和の種」と題した取り組みが始められています。

各学校では、互いに尊重し合う精神文化を育むための企画、市民権と人権に関する教育プログラム、平和に関するビジョンを表現したアート作品コンクールを継続的に実施します。この企画は農作実験の課程にも取り入れられ、生徒たちは柿の木の世話についても学習しています。

柿の木はタイムカプセルとともに、見晴らしの良い丘の上に子どもたちの手によって植えられました。

これまでの活動