マルコ・ポーロ総合学校 チェーザレ・グアスティ小学校(イタリア・プラート)

マルコ・ポーロ総合学校は3歳から14歳までの子どもたちが通い、イタリア以外の19か国の国籍を持つ子どもが65%を占める、多様な民族と言語の生徒が集まる学校です。文化や言語が異なる生徒たちが多数在籍する学校において、柿の木が共同・希望・平和の象徴となるとの思いで植樹が実現しました。
柿の木の世話は毎年選ばれたクラスの生徒・教師・保護者からなる「柿の木の友達委員会」によって行われ、10年の間より多くの生徒たちがプロジェクトに関わるようにします。

生徒たちは植樹式の数か月前より柿の木と平和をテーマにした活動を展開し、植樹式には生徒、教師、保護者、プラート市関係各所代表、学校の管理部が参加し、生徒たちは歌、詩の朗読、そしてダンスを披露しました。これによって平和の種をまくために日々具体的な行動をしていく意志を参加者全員に伝えました。また、子どもたちは平和への願いやメッセージをタイムカプセルに入れ、柿の木の近くに埋めました。これは10年後の10周年の式典の際に掘り起こされます。

 

 

これまでの活動